マーケット情報

7月19日 【NFG投資顧問・プロが提供するモーニングサマリー】《相場移行期に気迷い相場!問題なし。調整後のサマーラリー期待》

2021年07月19日

おはようございます。週末のNYは、ダウが34,687.85㌦299.17㌦安。ナスが14,427.24㌽115.86㌽安。SP500が4,327.16㌽32.87㌽安。為替が109.96近辺。オイルが71.16㌦。VIXが18.45。CME日経先物が現在27,665円338円安近辺です。まあ、未だ移行期の混迷相場ですからね。

週末のNYは全指数が下落。コロナ金融相場から業績相場への移行期で足元の数字やコロナ患者数にワクチンで右往左往。インフレでもないのに直ぐにインフレ懸念やら捉え方でも右往左往ですね。そんな簡単な話でないのにAIやらアルゴは直ぐに反応しますから。

国内も海外も何も変わってませんが、変化が全くないのが日本です。企業より政治的なリスクを嫌う外人さんが様子見ですからしょうがない。やはり選挙次第とその後の政策が見えないのがダメですね。欧州・中国も豪雨被害でグローバルテーマは健在。国内も同じながら五輪と選挙が終わるまでは敬遠ですね。

記:中島肇

これより先を読むには、ログインまたは会員登録(無料)が必要です。

会員ログイン

無料会員登録はこちらから

無料会員登録
ページトップへ