マーケット情報

7月16日 【NFG投資顧問・プロが提供するモーニングサマリー】《米決算と経済指標で右往左往!でも、何も変わっていません。》

2021年07月16日

おはようございます。本日から復活です。昨晩のNYは、ダウが34,987.02㌦53.79㌦高。ナスが14,543.13㌽101.82㌽安。SP500が4,360.03㌽14.27㌽安。為替が109.79円近辺。オイルが71.45㌦。VIXが17.01。CME日経先物が現在28,020円259円安近辺です。

決算シーズンと足元の指標などで全体としてはマチマチ。金融は戻り、台湾の半導体メーカーの決算からハイテクが下落。内容から目先の数字での反応ですので足元の状況は余り関係ないと考えます。

国内は全く変化なしで選挙とコロナと五輪だけです。問題は、選挙後・新内閣発足後の経済対策に金融政策の方向性かと思います。予備費の30兆円など何処に振り向けられるのかが焦点となりそうです。海外は、既にSDGsに自然・再生エネルギーと内需です。

記:中島肇

これより先を読むには、ログインまたは会員登録(無料)が必要です。

会員ログイン

無料会員登録はこちらから

無料会員登録
ページトップへ