マーケット情報

7月15日 【NFG投資顧問・プロが提供するイブニングサマリー】《戻っても一時的な日経平均。続落の展開》

2021年07月15日

本日の日経平均は、28,279.09 329.40円安と反落して終えました。

米国はダウが堅調に推移。パウエル議長の発言にサプライズ感はなく、当面、金融緩和政策が維持されることが再度確認されました。

日本株は米国株の勢いに相乗りとはならず軟調な展開で取引を終了しています。

このところ賑わっていた銘柄も利益確定に押されている状況です。

昨日からの上値の重い状況から売り先行の軟調な推移となったことからも日本株の弱さが垣間見えています。

売買代金も低調な推移であることからも、海外勢が日本株に投資してきていないことは明確で、コロナ懸念・政治的不安定感など懸念点が多いことが理由でしょう。

個別株においても細かな利確対応など丁寧なトレードが必要な局面でないかと思われます。

記:宮本 直輝

これより先を読むには、ログインまたは会員登録(無料)が必要です。

会員ログイン

無料会員登録はこちらから

無料会員登録
ページトップへ