マーケット情報

7月15日 【NFG投資顧問・プロが提供するモーニングサマリー】《方向性のない1日になりそうです》

2021年07月15日

おはようございます。

昨晩のNYは、ダウが34,933.23㌦44.44㌦高。ナスが14,644.95㌽、32.70㌽安。為替が109.989円近辺。オイルが72.76㌦近辺。VIXが16.33でした。

昨晩のNYは連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の証言で改めて金融緩和策を継続することが改めて確認されダウは堅調な推移でした。

日本株はまちまちの展開となりそうです。パウエル議長の発言は市場に大きな影響を与えなかったことは安心感となるが、より手掛かり難となりました。

28,500円あたりが支持線となっており、この辺を境に方向性の出ない相場展開になるではないかと考えます。

東京でも1,000人を超える感染者数、主要都市でも増加の傾向が見られており、一刻も早いワクチン接種が望まれるも一向に実現する見込みがありません。

マーケット的にも目線は決算銘柄に意識が向いており好決算銘柄に資金が向かうでしょう。

記:宮本 直輝

これより先を読むには、ログインまたは会員登録(無料)が必要です。

会員ログイン

無料会員登録はこちらから

無料会員登録
ページトップへ