マーケット情報

7月9日 【NFG投資顧問・プロが提供するイブニングサマリー】《各国市場に広がる世界経済の減速懸念》

2021年07月09日

本日の日経平均は、27,940.42円177.61円安と続落して終えました。

昨日の米国は3指数ともに下落。日本だけに限らず各国でもコロナウイルスの感染再拡大懸念も広がり、株売りの流れが強まりました。

日本株においてもこの流れを継続し、最終的には177.61円下落となりました。

ETF分配金に絡んだ売り、オリンピックの無観客など相変わらずマイナス的なニュースしかなく前場では600円安と大きな下落となりましたが、日銀の買い観測とのニュースとともに大きく下げ幅を縮小しました。

この段階で日銀介入が日経に好影響かと言われると判断が難しいですが、各国はリスクオフムードとなり市場にも株安ムードが広がっています。

本日は引け後に安川電機の決算発表も予定されており、来週の動きを考えるうえでも注目です。

記:宮本 直輝

これより先を読むには、ログインまたは会員登録(無料)が必要です。

会員ログイン

無料会員登録はこちらから

無料会員登録
ページトップへ