マーケット情報

7月9日【NFG 投資顧問・プロが提供するモーニングサマリー】《ETFの配当売り一巡と中国リスクが鍵も好決算期待も健在!》

2021年07月09日

おはようございます。昨晩のNYは、ダウが34,421.93㌦259.86㌦安。ナスが14,559.78㌽105.28㌽安。SP500が4,320.82㌽37.31㌽安。為替が109.81円と円高。オイルが73.21㌦。VIXが19.00でした。CME日経先物は現在27750円368円安近辺です。中国とコロナですね。

昨晩のNYは、失業率やコロナ再蔓延での景気後退やらもですが、実態としては何も変わっていません。この間は、景気回復でインフレ懸念やら言われていましたが。ワクチン接種が進まないとダメですね。それより中国の対外政策の変化から中国企業のマーケットリスクが表面化しました。

中国は共産党の国ですので何時でも「止めた」が有ります。今後もG7・G20加盟国に対するプレッシャーや規制に嫌がらせなど有ると考えた方が良いかもしれません。先進国も同様ですがグループ圏・国内内需への動きが増加しそうです。アメリカは、いよいよ決算発表も控えており好決算が予想されますので個別・セクターでの短期戦になりそうですね。

記:中島肇

これより先を読むには、ログインまたは会員登録(無料)が必要です。

会員ログイン

無料会員登録はこちらから

無料会員登録
ページトップへ