マーケット情報

6月2日 《イブニングサマリー》

2021年06月02日

本日もお疲れ様でした。3日ぶりに日経平均は上昇して終わりました。28,946.14円131.80円高。TOPIXが1,942.33㌽16.15㌽高。マザーズは1,135.80㌽5.94㌽安。為替が109.73円近辺でした。

方向感の出にくい相場ながらグローバル活躍企業が上昇。内需・市況株が比較的に弱く、自動車・商社が続伸し緊急事態緩和で百貨店などの小売りや鉄道・不動産が値を戻す展開となりました。

海外も指標待ちで動きが取りにくい中ですが、コロナワクチン接種のスピードアップなどの好感材料で消費関連などの買戻しが出始めて来た感じです。また、ニュースで和歌山がIRの指定業者の決定などの話も出ている事からコロナワクチン接種が進めば、五輪後の選挙次第ながら、アベノミクステーマや骨太関連等にも再度注目が集まる可能性がある。

季節銘柄や選挙関連などそろそろ注意かと。

記:中島肇

これより先を読むには、ログインまたは会員登録(無料)が必要です。

会員ログイン

無料会員登録はこちらから

無料会員登録
ページトップへ