マーケット情報

5月10日 《モーニングサマリー》

2021年05月10日

おはようございます。週末のNYは、ダウが34,777.76㌦229.26㌦高。ナスが13,752.24㌽119.44㌽高。SP500が4,232.60㌽30.98㌽高。為替が108.52円近辺。オイルが65.43㌦。VIXが16.69㌽と下落しています。CME日経先物は、現在29,410円52円高近辺です。

米雇用統計が予想以上に悪かった事や追加の景気対策への言及などからアメリカは全指数続伸でした。ハイテクグロースはリバーサル合戦ですが、やはりダウにSP500などのバリューがやはり継続して強含と、考えます。

日本に関しては、米市場とのミラー相場継続ながらコロナを取り巻く状況の差が大きくなりつつあり、米市場とのミラーより、日本独自のリスクを捉えた動きが目立ち始める可能性があり、政治・政策リスクからワクチンも然りで一旦ウエートを落とす可能性もある。コロナレンジ相場継続で29500円をセンターに28,600円から30,100円のレンジで気持ち週半ばから下向きを想定します。

記:中島肇

これより先を読むには、ログインまたは会員登録(無料)が必要です。

会員ログイン

無料会員登録はこちらから

無料会員登録
ページトップへ