マーケット情報

4月23日 《イブニングサマリー》

2021年04月23日

本日の日経平均は、29,020.63円167.54円安と下落して終えました。

米国株は下落。バイデン大統領のキャピタルゲイン課税を強化するとの報道を嫌気し、急失速しました。

日本株も寄付きから下落。緊急事態宣言などの懸念点もあり、3桁の下落で始まりました。下を試す展開であったが400円ほど下げたところで下げ止まり徐々に値を回復する流れとなりました。

しかし、29,000円が迫ると上昇も止まることから、すっきりとしない展開でした。

当面は28,000円を下、29,000円が上の抵抗線となりそうです。

世情からはしばらく膠着感は拭えないのは致し方ありません。よって目線は個別株の決算にしっかり目を向けるべきでしょう。ただ各企業の決算についても市場の目線は厳しく、なかなか市場期待を上回る決算は出づらく大きな上昇は見込みづらいかと思われます。

記:宮本 直輝

これより先を読むには、ログインまたは会員登録(無料)が必要です。

会員ログイン

無料会員登録はこちらから

無料会員登録
ページトップへ