マーケット情報

4月22日 《イブニングサマリー》

2021年04月22日

お疲れ様です。本日の日経平均は大きく反発しました。日経平均が29,188.17円679.62円高。TOPIXが1,922.50㌽34.32㌽高。マザーズが1,226.76㌽22.53㌽高と全指数上昇。為替は、108円近辺と変わらずでした。

何が出たと言うわけも無く反発しました。あえて言うなら、緊急事態宣言発布により患者数が減少するであろうとの予測からリバーサルとなった様です。半導体に海運株の上昇が目立っていました。

昨日お話ししました様に短期的な指数取引がメインであり、またトリガートレードですので売り切れば逆になる循環であります。コロナ患者の増減は、国の政策に掛かっております。特に内需株については、患者数に連動する事から、ここがピークとなれば内需株や半導体などの景気敏感株へ再度シフトが起こり上昇する事となります。現在のマーケットは、そこしか見てないとも言えます。

記:中島肇

これより先を読むには、ログインまたは会員登録(無料)が必要です。

会員ログイン

無料会員登録はこちらから

無料会員登録
ページトップへ