マーケット情報

3月31日 《イブニングサマリー》

2021年03月31日

本日の日経平均は、29,178.80円 253.90円安と反落して終えました。

米国は長期金利の上昇もあり3指数とも下落。日経平均も本日は軟調な展開が予想されていたが、5日ぶりに反落して終えました。

ここ最近月末は弱いというジンクス通りの結果となりましたが、200円ほど下げると押し目で拾い値を戻す局面などをみても下値は底堅いようにみえます。

また米投資会社の問題でも全容が見えず不透明な状態であることや、今夜発表される予定のバイデン大統領による大規模なインフラ投資計画の詳細などを見極めたい思惑などから様子見ムードでした。

ただ2月ごろと比べると金利上昇に対する日経平均への影響も少なくなってきており、新年度となる明日以降は流れが変わってくるのではないかと思います。

記:宮本 直輝

これより先を読むには、ログインまたは会員登録(無料)が必要です。

会員ログイン

無料会員登録はこちらから

無料会員登録
ページトップへ