マーケット情報

2月18日 《イブニングサマリー》

2021年02月18日

本日の日経平均は、30,236.09円56.10円高と小幅に続落して終えました。

米国はダウ平均が3日連続で史上最高値を更新したものの、S&P500とナスダック総合は下落とまちまちな展開。朝方は買いが先行したが、徐々に値を消していき最終的には下落して引けています。

日経平均は3万円台で推移しており、流石に過熱感が拭えず、利益確定売りに押された格好であるが、決算終了後次の手がかりを模索している状態。

相場には過熱感もできているが、空輸関係が堅調なように、出遅れていたセクターが値を戻して来ていることから、買える銘柄はまだまだあると判断できる。

引き続き押し目で買える局面は続くと思われるため、より丁寧な銘柄選定が必要になってきています。

記:宮本 直輝

これより先を読むには、ログインまたは会員登録(無料)が必要です。

会員ログイン

無料会員登録はこちらから

無料会員登録
ページトップへ